2017年7月24日月曜日

ここちよい暮らし7月セルフケア

7月のここちよい暮らしは「セルフケア」
子松志乃子先生に、楽健法と温熱療法を教えていただきました♪
楽健法は道具も電気も要らない、身一つで横になる場所があれば、どこでもできる治療法。
私ミヤモトタミコ(薬祥)がお世話になっている、インドのデリー日本山妙法寺の克(かつ)庵主さま大のお気に入りが、この楽健法♪
「インド人がみんな覚えたら、80%の病気は治るのにねぇ〜」とおっしゃいます。笑
踏みつ踏まれつのふれ愛コミニュケーションです。

4月から始まった「ここちよい暮らし」も今回で4回目!
回を追う毎にみなさんの学びが深まり、こころも身体もより自由になってきました。
あと3回でどこまで行ってしまうんでしょうか?!

レポートはシャンティクティHPをご覧ください☘

2017年5月18日木曜日

ここちよい暮らし 2回目
5月14日(日)2日目レポートby マーニーちゃん

2日目はスーパー晴れ女 詩さんのおかげで晴天。
晴れてほしいときはぜひ詩さんに予約を!

6:00 ヨーガ
カエル、鳥の鳴き声を聞きながらのトモコさんのヨーガはとても気持ちいいですね。
1回目から思っていたのですが、トモコさんの吐く息はは私の5倍ほど長い!さすがです。私も11月にはそうでありたい…
7:00 tea time
タミさんがりんごジュースに生姜、ショウブ、シナモン、カキドウシを調合して作ってくれました。これがまた美味しくて体もポカポカ。
ショウブは風邪予防になるそう。気温が変わりやすいこの時期にはもってこいですね。
《メニュー》・カシューナッツ・おかき・カッテキタ→正解はカッタミタ(笑)
・自然栽培夏みかん

7:40 トモコさんのヨガのお話
ヨーガとは大いなるものと自分をつなげるもの。つまり、全てを1つにすること。
呼吸は体と心をつなげる架け橋。だから体を整えるために呼吸や食べ物は大事。
また講座の中で出てきたアンパンマンマーチ。この歌詞から本来の喜びやアンパンマンは常に人のことを考えていることに改めて気づきました。ぜひ皆さん、苦しいときこそアンパンマンマーチを歌いましょう!
8:10 アーユルヴェーダ 脈診断
脈診断は心地よい暮らし、初の試み。問診票を使ったり、脈診断をすることで自分が『Vata』『Pitta』『Kapha』のどの体質かわかるそうです。

脈診断の方法は片手の人差し指、中指、薬指を使って行われ、違う方の手の脈を診ます。ヴァータの状態は人差し指、ピッタは中指、カパは薬指で感じられるとされていて、本来の性質と現在の状態がわかります。毎日診ていくと調子の良し悪しがわかり、行動や食事を通して自分で改善することができます。
ちなみに今日の私はヴァータが強そうです。

10:00 かまど de クッキング
みんなで手分けをして野草を摘みにいき、その野草でクッキング。
《メニュー》
・ふきと油揚げの炒め物
・のびるとせりのあえもの
・三つ葉のお味噌汁
・こんにゃくと油揚げに味噌をつけたもの→田楽
・よもぎアイス
畑作業までの空き時間に佐羽ちゃんとおしのと3人で種センターに行ったり、ブランコにのってアルプスの少女になりきりました♪

12:00 畑作業
・ジャガイモ
まずはみんなで4月に植えたジャガイモを見にいきました。ジャガイモの小さな芽が出ていてほっこりしました。また大きなジャガイモを作るために芽かきをしました。
・にんにく
去年の講座の方の置きみやげ。草がにんにくに覆い被さらないようにするため草を刈ります。
・長ネギ
草が肥やしてくれたおかげでとても大きく成長しています。
・きゅうり
竹と竹の間に植えていて土が乾いていたら水をおいてひいたら苗を植えます。
・とうもろこし
とうもろこしのタネは2キロ先までとぶため、交雑しないためには2キロ離すか時期をずらさないといけません。
同じ種で1箇所にまとめる場合は30センチずつ離して植えます。とうもろこしやズッキーニは多い方がよく歯抜けじじいにならないように気をつけてください!笑
またとうもろこしとインゲンは相性がよく、とうもろこしが育ってきてからインゲンをまくとインゲンはとうもろこしに栄養を与えるそうです。
・里芋
としちゃんが持ってきてくれた里芋を植えました。(としちゃんありがとう!)
里芋は肥えた場所が適しています。
・落花生
けいこさん、としちゃんからいただいた落花生を植えました。
ジャンボ落花生はどのくらい大きくなるのでしょうか。楽しみですね。
他にもごまやトマトなどを植えました。
またとしちゃんのお嬢さんであり最年少(小2)のスーパー小学生 佐羽ちゃんが大人用のクワやカマを使って畑作業をしてくれました!次回からは子ども用も必要ですね。

15:00 シェアリング
この二日間で印象に残ったこと、学んだ事を色とりどりのお花を使って絵で表現し、一人一人発表しました。
私はやっているうちにハマってしまいぐちゃぐちゃになってしまったのですが、家に帰ってからいろんな角度からその絵を見てみると案外いいかもと思うようになり、今は部屋に飾ってあります。

15:30 終了
新橋飴の豆板、純米飴、カステラなどを買いました。私のオススメは白玉としそを混ぜて作るしそ飴で中学校の帰り道はいつも口の中はしそ飴でぱんぱんでした!

新橋飴は150年以上続いており今も昔と変わらない製法で作っています。ちなみに今の時代に100年以上続く会社や企業というのは全体の0.01%しかないそうです。そう考えると新橋飴って偉大だなぁと感じると同時にこれからも続いてほしいと思います。

・おまけ
帰り道の車の中でいっちーさんも一緒におしののうちの庭で畑作業しようという話になり、早速3人で畑作業にとりかかりました。
種センターでもらったかぼちゃ、としちゃんからの里芋、いっちーさんからのハーブの種を植えました。
芽が出るのが楽しみです♪
以上でレポートは終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




みなさんが今日も笑顔でいられますように。

2017年5月15日月曜日

5月のレポート

5月13-14日のここちよい暮らしは、ヨーガとアーユルヴェーダでした。
写真はこちらからどうぞ
1日目レポート by あやちゃん

5月13日(土)
13:30 受付~オリエンテーション
それぞれの、この一ヶ月間の近況報告をシェア。
自分で畑を始めた人、特に大きな変化はなかった人、
人それぞれ。

14:00 アーユルヴェーダ1   アーユルヴェーダとは〜自分知る たみこさん
ヴェーダは、神からの天啓を受けた「リシ」たちによる「天啓聖典」。
(神様の考えたこと→普遍  人の考えたこと→無常)
アーユルヴェーダは、人間は自然の一部ではなく自然そのもの、という考え方。

人類が狩猟やきのみの採取で生きていた頃は、食べられない時期の方が長かった。
ちゃんと食べられるようになったのは1万年前くらいから。
そして、8000年前くらいから、糖尿病、肥満、高血圧などの病気が始まった。
(未消化物が貯まるようになった。)

全てのものが支え合わないと、私たちはいない。
全てのものが支えあって、私たちがここに存在する。
ということを、アーユルヴェーダは伝えたい。
だから、あなたの存在はあなただけで完結しているわけではない。
私たちは「同じもの」でできている。私たちは「私以外のもの」でできている。
全てのものが、何一つ違わない。外見で区別しているだけ。

私たちはなんなんだ、生って何?と考えた時、最も根源的なものがわかると、
信じるものを得られる。自分の大切な位置が見えてくる。
「わたしたちはそれ」なんだから、自分以外の何かになる必要は、全くない。
あなたはもうそれで十分。
でも、何か不安になる時、物事がうまくいかない時、人と比べてしまったりする。
でも、そんなことを思う必要は全くない。
一人一人がこの宇宙を支える菩薩なのだから。
全ての人が同じことをやっていたら、この宇宙、世界は回らない。
大地、水、土、種、人(菩薩)、虫、木々、草、細菌・・・。
全てがないと、私たちはここに存在していない、ということだけわかっていれば十分。
これで、アーユルヴェーダ的にバランスのとれた状態になる。
心のバランスが取れれば、体も自然にバランスが取れる。

私たちは自分の中で勝手に定義を作ってしまう。「〜べき。」「人にどう思われるか、恥ずかしい。」
でも、そんなものは本当は、ない。
大切なことは、相手を思いやること。それは「愛」
「愛」たるたる教 永遠なる世界 ↔︎ 「愛着」(執着、とらわれ、不自由さ)もあもあ教 小さい世界
心地よく生きるには、周りを愛で満たしてあげること。

つまり・・・。
・全てのものがないと、私たちはここに存在しない。
・私は私でいい。
・違うみんながいて、宇宙が成り立っている。
というのが、アーユルヴェーダの本質で、ドーシャも関係なく、
みんなが思いやりあえればもうそれでいいんだ!
という、まさかのアーユルヴェーダ不要論に行きそうになる寸前で軌道修正

「5大元素」「3つのドーシャ」の説明は、テキストを参照してくださいね。
「アーユルヴェーダにおける時間の流れ」テキストに書いてないけど覚えておきたいこと。

元々持っているものと反対のものをくっつけると、バランスが取れる。(乾燥する秋は、実りの秋。)
自然界はうまくできていて、寄り添って調和していけばバランスが取れる。
自然界の中に答えは全て入っている。
自然界のありようから遠ざかるほど、自分たちの体には負担になっていく。

1日の流れは、宇宙の真理に沿ったもの。自然に生きていたら、本当はこうなるはず、ということ。
寝る時間に関わらず、朝は必ず同じ時間に起きることが大事。体内時計が狂わないように。
このように生活することが良いとわかっていてもできない時はどうするか?
→まずは、そういう自分を否定しない。→なぜそうなるのか、原因を考える。→対処する。
原因は、大概自分の心が作り出している。
全てのことは必要があって起きているので受け入れる。

全て全自動で、神様仏様にお任せすれば良い!!


ここで、最初の講義はおしまい。


16:30 お風呂タイム  
とっても気持ちの良いお風呂でした〜。
お風呂に行かなかったお二人は、お手伝い(と書いて「味見」と読む?)。

18:00 夕食
・ごはん
・春雨の炒め物(チャプチェ)
・豆もやしと人参とほうれん草のビビンバ 
(ラー油、甘酒入りの、お味噌ベースのソースが美味。)
 人参が甘くて、ハチくんが一緒に外に出されても翌朝まで離れなかったくらい・・・。
・スープ (お味噌汁かなと思ったけど、味付けはお味噌とお塩だそうです。
・としちゃんがもってきてくれたさやえんどう。(スナップエンドウ?)
   噛むといい音がしました。甘くて美味しかった。としちゃんありがとう!
19:30 グループワーク スパイスのお茶作り
はじめにたみこさんから今あるスパイスについて、効能その他説明を受け、
実際に回してもらって、匂いなど嗅いでみました。

それから3つの班に分かれてスパイスを選び、その場でたみこさんに煮出してお茶にしてもらいました。
全員で3種類味見。
(自分の班以外の班のスパイスをメモしておくのを忘れました。どなたか教えてくださ〜い!)
「最初の班のお茶」 クミン コリアンダー シナモン フェンネル 消化を助ける甘いお茶、のイメージで。

実際甘くて飲みやすかったです。
「二つ目の班のお茶」 
黒胡椒が辛かったけれど、後からぽかぽかあったかくなってきました。
「三つ目の班のお茶」 
カレー風味で美味しいスープのようなお味でした。

生の生姜は体を温めませんよ〜、体に溜まった熱を出すんですよ〜、とか、
たりないドーシャを上げるより、一番高いドーシャを下げるようなスパイスを選ぶといいですよ、とか、
はちみつは元々体を温めるけど、加熱すると体に負担ですよ〜、とか、
一物全体食なら副作用はありませんよ、とか、
断食はいいよ〜、などなど、やはりここでも、レジメ外の数々の智慧が伝授されました。

21:30 就寝 
予定より少し早く解散となりました。
そのぶんみなさんゆっくり休めたのではないでしょうか。
ちなみに私の202号室では、インド占星術のお話や、マーニーの進路について、
二人で小一時間、盛り上がってしまいました。
自分の息子と同い年のマーニーちゃん。
自分の将来に真剣に向き合っている姿が眩しくて素敵でした。
こうして色々な世代の方とじっくりお話ができるご縁に感謝です。

2017年4月24日月曜日

4月22(土)レポートbyいっちー
13:50〜
まずはイントロダクションとして、簡単な自己紹介、部屋を日本地図に見立てて出身地の発表などをしました。それから、全員と握手をしてこれからどうぞよろしくのご挨拶。
ちょうど雨が上がったので、外に出てネイチャービンゴをしました。各グループ、まだちょっと緊張しつつも力を合わせてすっぱいもの、甘いもの、ふわふわ、白いものなどを探しました。
 
●14:30〜 kenjiさんのエコツアー
玄関前に集合。ツアーのはじめに、ケンジさんから「moremore教から足る足る(足るを知る)教へ改宗しましょう。」と提案。

自然は放っておくと森になろうとする。人間が手を加えると砂漠になる(ローマ、メソポタミア、エジプト…)という話が印象的でした。
・藁と漆喰で作った玄関(ストローベイル)。カタツムリと蓮の装飾が可愛らしいです。
籾殻を使ったボイラー(只今故障中)。床暖房に使っているとのこと。田畑から出たものが再利用され、これも循環のひとつ。
・モバイルハウス(タイニーハウス)
太陽光パネル2枚を備えたオフグリッドの住まい。水は雨水を貯めて使用。非電化冷蔵庫も備え付け。素焼きの植木鉢を2つ重ね、2つの間に砂を入れると、気化熱で温度が下がる、という仕組みとのこと。缶の飲料を冷やすのにちょうどいいそうです。これなら簡単に取り入れられそうです。
・池
菖蒲、セリが沢山育っていました。秋にはマコモダケが生えるのだとか。もともとはぬかるみだった場所を、池の形にして水が溜まるようにしたということで、元々の地形や環境を上手く利用しているんですね。
敷地内には竹が生える場所もあり、竹を使ってうたさんは竹細工を作っているとのこと。また、畑の支柱などにも利用。
続いて、畑の方へ移動。
どの花壇も、畝も雑草がわんさか生えていて、普段見慣れている花壇や畑とは別物でびっくりしました。

・ロックスパイラルガーデン
自然はみんな渦巻きでできている(水、台風、指紋、大根の葉などなど)ので、スパイラルの形にしたガーデン。多様性の1つのモデルである。
パーマカルチャーは、「持続可能、多様性、調和」がテーマ。
パーマカルチャーについて書かれた本(『東アジア四千年の永続農業』?)には、日本にも持続可能な暮しがあったことが紹介されているそうです。「日本の文化を再認識しましょう。」とkenjiさん。

・キーホールガーデン
自然界は曲線でできているという法則にのっとり、S字のような形のガーデン。曲がった部分に入って、前と左右の手入れができるという優れたアイデア。
パーマカルチャーでは、“雑草”は抜かない、抜いてしまうと土が硬くなってしまうそうです。雑草のお陰で土の内部に根穴構造ができ、菌が炭素を分解し、それを微生物が食べ、土が豊かになる(ちゃんと聞き取れているか怪しいです。)。
雑草が育ち過ぎたら、横に倒したり、地上部を刈ってその場に置いておきます。
・かまど
過去のパーマカルチャー塾で作ったもの。
かまどの中に管を通し、そこに水を流すとお湯になり、流しでお湯が使える仕組み。エネルギーを無駄にしない、これもまた循環。
ただ、管の中に残った水が冬の寒さで凍ってしまい、水抜きパイプが必要ということがわかったそうです。やってみることで、問題がわかる、そして、プロブレム イズ ソリューション!といい、問題が生じたらそれをチャンスと捉えるのが、パーマカルチャー式。
・竹で作った棚(支柱)
植えてあるのは絹さや。つる性のものには、掴まりタイプとぐるぐる巻き付きタイプがあり、絹さやは前者。
掴まりタイプのつる性の植物には、藁などひも状のものを束にして垂らしておくと掴まりやすくなる。雑草達の中に、豆類らしい葉とぴょんと伸びたつるが見えました。
・温室
こちららもパーマカルチャー塾で作ったもの。
しっかりした建物だけど、20万円でできているなんて驚き!
・曼荼羅ガーデン
ティピというテントのような形をしたガーデン。こちらも材料は竹。ビニールで覆えば温室になる。近くに少し小さなティピがありそちらは温室になっている。トマトなどを育苗中。
・ロックスパイラルガーデン
土嚢で作った家(アースバックハウス)屋根の上が、ガーデンになっています。ベンチなどもあって、のんびりできそう。斜面を活かした建て方です。
・たねセンター
こちらも屋根の上に登れる建物。固定種、在来種のタネを保存。
「タネを蒔けば何十倍にもなる。ただ持っていれば劣化したり、ネズミに食べられたりする。人間は抱え込んでしまいがち。自然に逆らってる。手放すことが大切。手放せば返ってくる。しかも大きくなって。」というkenjiさんの話に、ふと自分が溜め込み抱え込んでいるもののことを考え、恐ろしくなると同時に、手放しちゃっていいんだ!と軽やかな気持ち。
・コンポストトイレ
母屋の脇へ移動。トイレの真下にコンポストがあり、庭から管理ができるようになっています。水を使わないので、節水になります。微生物が分解してくれて堆肥になります。これもまた循環の仕組み。
おが屑を入れて、水分を吸わせるのでドライで臭くない(本当に、全然臭くない!)。“ぼっとん”トイレではありませんよ‼︎
・ソーラー露天風呂
残念ながら現在故障中ですが、晴れた日は太陽のエネルギーでお風呂に入れます。

●15:50〜 詩世さんのパーマカルチャー講座
うたさんがニュージーランドのレインボーバレーファームに出会ったところからお話は始まりました。

ニュージーランドは、元々原生林の土地だったところを人間がそれを焼き払って農場や牧場にした島。レインボーバレーファームを開いたジョーとトリッシュは、ニュージーランドの中でも「ゴミの土地」と言われた場所に、他の人達とは違う価値を見出して、そこでパーマカルチャーを実践することにした。敷地の一番高いところに湧き水があることもポイントだったそう。

プロブレム イズ ソリューション、そして、全てのものは資源になるということ。例えば、マメ科の植物に覆われて使えないと言われていた場所も、マメは窒素を固定化してくれると捉えることができる。

そして、うたさんは滞在3日目にして「パーマカルチャーはデザインなんだ!」と合点がいったそうです。
レインボーバレーファームは、5つのゾーンに分かれており、母屋の近くに手入れや世話が必要なものを配置し、遠くなるほど自然のままの状態になっていきます。

家の屋根はルーフトップガーデンになっており、これは家を建てた分の緑を取り戻す意味と、雨水を一時的に貯めておく役割とがある。

パッシブソーラーも多く取り入れられている。パッシブソーラーとは、特別な機材(ソーラーパネルとか)を使わずに太陽を利用する方法のこと。例えば、日差しの長さを計算して、夏は太陽光が入らないように、冬は部屋の奥まで光が届くよう工夫。

ほかにも、持続可能な暮らしを実践するためのデザインとして、育苗室の隣をニワトリ小屋にすることで鶏の熱を利用する工夫や、傾斜を利用して風が通る薪小屋、傾斜を利用したコンポストトイレなどがある。

多様性について。
作物にしても、多様なものを植え、同じ種類でも早生〜晩生まで色々育てることで、病気や不作のリスクが分散される。
レインボーバレーファームでは鳥の放し飼いもしていた。鳥は虫を食べる、フンをする、落下した果樹を食べる、歩くことで土を耕す、卵を産む、食料にもなる、熱を出す。
1つのものが複数の役割を果たすようにデザインすることがポイント。
うたさんは1ヶ月半をレインボーバレーファームで過ごしてみて、自分は自然の一部だと実感できた。自然に包まれる安心感、心地よさを感じた。そんな自然の中で、自分が出したものがどうなるかがはっきりと目に見える。自分の出したものに責任を持つことがパーマカルチャーだとジョーも言っていた。
「パーマカルチャーはデザイン」というのが、とてもわかりやすく、これから実践するにあたってのポイントになると思いました。
 
●17:00〜 お風呂 希望者は八寿恵荘へ
行かない方はタミさんの夕食作りのお手伝い

●18:30頃〜 夕ご飯
天と地の恵みと作ってくれた人に感謝をして頂きました。
献立は以下の通り。素材の味が感じられる優しいお味でありながら、それぞれに違った味付け。ついつい食べ過ぎてしまいました。

・ひよこ豆のカレー
・だいこんのアチャール
・行者ニンニクの味噌炒め
・じゃがいもと冬菜のスパイス煮
・チャクラスープ(7つの穀物と豆のスープ)

・おしのさんが持ってきてくれた新橋あめ
・柿のお酢
・米麹だけの甘酒
食事の最後には使った食器に白湯を入れ、洗鉢を。そのお湯を甘露と呼び、全ての飢えるもののことを考えていただきます。

食後はゆったりおしゃべり。タミさんからガンジス川の水、kenjiさんからインドのオイルランプをいただきました。

●20:00〜 自己紹介とグループ作り
3つのグループに分かれて畑の実習をするので、まずはグループ作り。グループごとに、何を育てたいか、5月に蒔くもの、植えるものを話し合い。

作物を決めるにあたって注意点など
・南瓜とズッキーニは場所を取るのでやめた方がいい。
・たねセンターにあるたねを使っていい。
・ナス、ピーマン、トマト、キュウリは苗がある。
・トウモロコシはみんなで植える。他家受粉の性質のため、近くにまとめて植えないと受粉しないので。
・タネセンターにないものは、自分達で用意する。
・たねを選ぶ際は、固定種、在来種を。F1種と薬剤処理したものは避けること。(○○交配というのはダメ。薬剤処理済みと書いてなければ、処理してないので大丈夫。)
・松本なら、つる新種苗店で固定種、在来種の扱いがある。

●20:40〜 自己紹介タイム
ひとり数分間ずつ参加した動機などを話しました。どれも違うかたちなのに、不思議と共通点があるという印象でした。それぞれ思いを持ってここに参加していることが伝わってきて、それだけで素敵だなぁと感じました。

●22:00 就寝

2017年4月20日木曜日

ここちよい暮らし2017 4月レポート

ここちよい暮らし2017
4月16日(日)2日目レポート byよーこ
写真はこちらから〜♪ 👈クリックして下さい

2日目は天候に恵まれ、見事な晴天。陽射しが眩しい一日でした。
(1)6:00 ヨガセラピー
ともこさんによるヨガセラピー。
鳥の声、ストーブの音、たみこさんの料理の音が流れる心地よい空間で、ゆっくりと身体を動します。
大事なことは、「呼吸」「今ここを大切にする」「緊張と弛緩を繰り返す」こと。無理をせず、身体の内側を観察します。

(2)7:00 Tea time
たみこさんの美味しいTea time。
生姜のスープは心にしみる優しいお味。
団欒しながら、「あくびやため息は、緩むために必要なこと」なんてお話も出ましたねー。
ため息もOKだそうです。
人に向けてため息をつかなければ、大丈夫。幸せは逃げません。笑
[メニュー]
・グリーンジャスミンティー
・生姜のスープ(温)
・インドのドライフルーツ4種(インド産は無添加、無農薬!)
・ミカン

(3)7:30 畑作業
うたちゃんによる自然農法レクチャー。
いよいよ畑にGO!川口由一(よしかず)さんの農法です。
[ポイント]
・耕さない
・持ち込まない (肥料は元より、土もかき混ぜ過ぎない、土を裸にしない)
・草や虫を敵としない
[参考本]
・自然農法 わら一本の革命 福岡 正信  (著)
・自然農・栽培の手引き いのちの営み、田畑の営み  鏡山悦子
[使う道具]
・ノコギリ鎌 (一番大事)
・クワ (先の角度が60度のものがBest)
・シャベル
・スコップ

ジャガイモを植えよう!
・種芋は卵くらいの大きさがベストです。大きい場合は、ジャガイモのお臍を中心に半分に切ろう。
・植え方は当日の写真をチェックしてね。「一瞬植え」は驚きの手法です。笑

トウモロコシ、インゲン、二十日大根、人参を植えよう!
・草はむしってその場に敷く、草の根は土に残す、持ち出さない。草(葉)は土の下に植え込まない。つまり、「地上のものは地上で枯れさせ、地下のものは地下で枯れさせる」
・虫がきても虫に任せよう、養分が過剰だと虫に喰われる、調和していたら最小限で済む
・ヨモギ、スギナが生えてる土地は痩せている。ハコベラが生えた土地は肥えている土地
・頭を使わず、むしろ感覚を研ぎ澄ませよう

(4)9:30 かまど de Cooking
春の野草を摘みに行き、かまど de Cooking。
そこらじゅうにご馳走が生えてる不思議。野甘草も取り放題。笑

・ふきのとう.ハコベ.スギナ等、沢山の野草を天ぷらに。
・ギシギシとエリンギは、胡麻油と味噌であえてシンプルに。
・菊芋のチヂミも美味しかったー。

その他料理は当日の写真をチェックしてください♪

(5)10;30 ブランチ~片付け~休憩
陽射しが降り注ぐ中、外でゆっくりブランチ。
(晴れてて嬉しかったけど、私は肌が弱いので、顔が焼けてヒリヒリ痛くなりましたー。今もまだ痛い。涙)

(6)12:30 グループワークによるシステムデザイン
シャンティクティのシステムデザインを3チームに分かれて調査。
それぞれ、井戸を見に行ったり、五右衛門風呂を見に行ったり、周囲を探索。
分かったことを紙に纏めてチーム毎に発表しました。

◇水のデザイン
    雨水、井戸 → 合併浄化槽を通り川へ流れる
◇栄養のデザイン
◇エネルギーのデザイン

上記の発表内容は省略。当日の写真をチェックください!

(7)14:30 シェアリング
この一泊二日で学んだことを、各人が漢字一文字に表し、感想をシェアリング。
ちなみに私は「和」を選びました。調和の「和」。
普段、気付いていない調和にも、日頃から目を向け、感謝したい。

(8)15:30 終了
以上、レポートでした。備忘録になれば幸いです。

2016年12月5日月曜日

ここちよい暮らし2017のご案内

始まりました!
2017年度のここちよい暮らし講座参加者募集
年間での募集は終了いたしましたが、単発のご参加は各回受け付けておりますので、お問い合わせください。よろしくお願い致します

4/15-16
自然とつながる~自然農&パーマカルチャー
担当:臼井健二、小田詩世
耕さず、草や虫を敵としない自然農、持続可能な農的暮らしのパーマカルチャー。 ハーブの種まきや夏野菜の植え付けなど。毎回、ヨーガプログラム、自然農の畑での野菜作り、畑で採れた野菜を使ったアーユルヴェーダ Cooking があります。 
5/13-14
ヨーガ&アーユルヴェーダ
担当:臼井朋子、ミヤモトタミコ
内からのアプローチのヨーガ、外からのアプローチのアーユルヴェーダは車の両輪。こころと身体を整える命の智慧を、インドの伝承医学などから学びます。 また自然界の恵み、野草を暮らしに生かす知恵をお伝えします。 
6/24-25
こころを整える
 講師:島田啓介先生
ティク・ナット・ハン師の本を数多く翻訳されている島田啓介さんをお迎えして、仏陀の教えと、今ここに生き本来の自分を取り戻して日常を深く味わう瞑 想などを、実践を交えながらお話ししていただきます。 
7/22-23
病気にかからない為のセルフケア
 
講師:子松志乃子先生
楽健法と温熱療法。ふたりヨーガ楽健法は、道具を使わず誰でも簡単に体を癒すことができます。病気は冷えから。身体にまんべんなく熱を加えること で、さまざまな病気に効果がある温熱療法もお伝えします。 
9/2-3 
 世界から内へ~お寺体験~坐禅と写経  協力:成就院
世界経済は私たちの生活にどう関わっているのか、貿易ゲームから学びます。お寺では、坐禅と写経を通して、お釈迦さまの教えを学び、ココロを平和に保つ方法を体感します。 
10/7-9
ガンジーの糸紡ぎと草木染
 講師:片山佳代子先生
本当の豊かさとは?幸せは自分の内に...。 自らの手で作り出すよろこびを ガンジーの糸紡ぎや草木染めから体験します。アジアの民族楽器を使った音 のワークショップや癒しのコンサートのお楽しみも。 
11/11-12
自分のXを描く 講師:塩見 直紀先生
半農半Xの著者であり提唱者である、塩見直紀さんをゲストにお迎えして 型にはまらない自分自身のオリジナル「X」を探す旅に出ましょう! 全講座を通しての学びを、グループで発表していきます。
募集要項
期 間:2017年4月〜11月までの1泊2日または2泊3日の全7回
参加費:ワークショップ参加費 52,000 円
(7回分のワークショップとテキスト、材料費込み) 食事と宿泊費は別途料金。
※各回ごとの清算となります。5,500円(宿泊費¥3000 食事代夕食¥1500、ブランチ¥1000)*食事はアーユルヴェーダを基本とした身体にやさしい菜食メニューです。
定 員:16 名※定員に達した場合は、キャンセル待ちでの受付とさせていただきます。
宿 泊:ゲストハウスシャンティクティ
長野県北安曇郡池田町会染 552-1Tel&Fax0261-62-0638 〒399-8602
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お申し込み方法※次の項目をご記入の上、お申込みフォーム、メールまたは FAX にてお申し込みください。
 1、氏名 2、住所 3、TEL 4、携帯 5、E-mail アドレス 6、性別 7、年齢 8、職業 9、専門および得意分野 10、何で知ったか 11、参加の動機 12、学びたいこと・期待すること
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■問い合わせ・お申し込み:シャンティ クティTel & Fax 0261-62-0638
 E-mail shanti.kokotiyoikurashi☆gmail.com  ☆→@ 
お申し込みフォーム  ⬅︎ここをクリック
■主催 : シャンティ クティ、ワンアースプロジェクト
■協力 : シャロムコミュニティー